チルドレン大学を受講されているママ達の “ 声 ” を紹介

チル大で、息子と私の人生が変わっていくんだなぁと感じています

メンター35
チル大を始めてから、自分の子どもも、道行く子どもも、みんな天使に見えます。子育てする幸せに気が付いた、うさぎママです。
2012年生まれの男の子がいます。出産前は内気で、英語も絵本も、そこまで好きじゃなかった私。おまけに自分に全然自信がない・・・。でもこんな私のところに息子は縁あって来てくれた、ちゃんと育てたい!そう強く願って出会ったのがチル大でした。いまは、自分がどんどん変わっていくのを感じています。
blogへGo


● チル大受講を決めたのは・・・

 苦手意識を持っていた英語。妊娠中、子どもにはこんな思いはさせたくない、という不安と焦りから英語育児に関する情報を集めていました。目に入るのは、自分を焦らせる謳い文句ばかり。気楽に子育てについて相談できる人も周りにはおらず・・・孤独な子育てでした。一時は、高額な教材を購入しようと思っていました。

 そんな中、偶然ランディー由紀子さんのブログを読みました。次々に記事を読み続けては考える日々が続きました。そこから、それまでプランを練っていた教育が、子どものためを思ってではなく、自分自身の不安や、自分の希望を満たそうとするためのものだったと気が付きました。ショックでした。そしてさらに気が付きました。自分がなんにも知らないことに・・・。「こんなんじゃ、良い母親になれない」とまた焦る私・・・。でも、ある朝、目が覚めた瞬間に思いました。「自分も子どもと一緒に少しずつ学んでいけばいい」と。何故だか涙が出て、心が少し軽くなった気がしました。

 結局、チル大を知ってから入学に至るまでに半年ほど悩み、その間はマミーさんのブログから学ばせていただいたことを考えながら育児していました。そうするうちに、「子育てに関して共鳴できるお母さん方と繋がりたい」と強く思うようになり、入学を決めました。


● 受講してみて・・・

 楽しそうに子育てしているチル大先輩ママさんたちのブログや書き込みを読んでワクワク&感動しつつ、自分の取り組みに参考にさせていただきながら、自分のペースで続けています。息子が言葉も話せないうちから始めましたが、息子はチル大で取り組んだことを本当に良く覚えていて、いまは英語大好きです。でも本当の成果が分かるのはもっと先かな、と思っています。

 意外にも、いま目に見えて出てきた成果は、母親である私自身に関することです。幸運なことに、実際にチル大ママさんたちにお会いすることもでき、人と繋がることの心地よさとその大切さを感じる機会を与えてもらいました。そうするうちに、内気で無力、という自分自身のイメージが変化していって、子どもを見ながら、そして自分を見ながら、いま精一杯子育てしよう、それでいいんだ、というプラスのイメージができました。

 子育てについて、またはチル大のコンテンツを進めるにあたって、相変わらず試行錯誤してはいますが、そんな自分に焦るのではなく、それ自体が学びなのだと思えるようになりました。子育ては、楽しい。そう心から思わせてくれているチル大に出会えたことに感謝です。

 チル大を知って、私のように心が軽くなる体験をするお母さんが増えますように。そんなお母さんと繋がることができますように。そう心から願っています。

▲トップに戻る

子供と一緒に夢中になれる、そんな素敵な毎日が待っています!

メンター34
人によく道を聞かれる、かんたろうです。
息子には、「うっかりかーちゃん!」とよく呼ばれています。
はじめまして、かんたろうです〜。2009年生まれのワンパクな男の子の母親です。英語は好きだけど話せない。だけど息子と一緒ならもう一度頑張れるかも !? 子育ての根っこもぐんぐん伸びてきています。ただいま実践中です〜!
blogへGo

チル大との出会いは私が妊婦の時。当時は生まれてくる我が子に将来は英語を身につけて欲しい。勉強だけではない自ら生きていく力のある頭のいい人になって欲しいと願っていました。 PCで「英才教育、英語、お金を掛けない、英語教育」などを並べ替えながら検索していると、eigobon.comにたどり着きました。それからというもの、マミ〜のブログに引き寄せられるかのように毎晩読みあさる日々が続きました。そして、息子が生まれたら入校しようと固く決心したのでした。

さて、息子が生まれて4ヶ月、そろそろ入校したい気持ちが抑えきれず、夫を説得する必要に迫られました。男の人って直ぐ「宗教じゃないのか?」とか疑うし、目まぐるしい世界でずっと働いてきているからかスピリット的なことを感じる習慣が無いような気もするし…。どうすればチル大の良さを判ってくれるだろう。 短い言葉でガツンと説得できればいいのですが、残念ながら私にはそのような説得力がないので、単発的に、(例えば子供の成長の話をしている時とかに)「どういう人になって欲しい?」とか「勉強が出来るだけじゃない、頭のいい子になって欲しいよね〜。」とか言って切り出して、読み聞かせの大切さや「何十万もする教材よりも学ぶ基礎を身に付けるものだから長く繰り返し使えるからいいと思うんだけど。」など、真剣に話して夫の了解を得ました。 そもそも、夫は私の言うことに反対する人ではないのですが(笑)、私が真剣に話したのは、夫にも同じようにチル大の学びの精神を理解して欲しかったからです。

とはいえ、入校した時息子はまだ4ヶ月。語り掛けや絵本の読み聞かせ、マミ〜の推奨するモンテッソーリ教育を独自に取り入れながら出来る範囲の学びをしていました。 そうしているうちに、息子は早、3歳(汗)。そろそろ本格的な実践に移さないと可愛い息子はどんどん成長してしまう!焦っていたらタイムリーにチル大からの「仲間と一緒に頑張ろう!」というBBS制度のお誘いがあり、「待ってました!」と手を挙げた、というわけです。

チル大の学びを一つ一つ丁寧に深めていくと、今までに無い楽しく充実した日々を送れるようになりました。年少から幼稚園に入れなくて良かった。「今日は何をして過ごそう…」なんて考えてたのがウソのよう!「やることが多すぎて一日じゃ足りない!」が今の私の本音です。幼稚園に行かせずに小学校入学まで、ずっとこんな毎日が過ごせれたらいいのに…と妄想しています。 きっと、アッと言う間に過ぎ去る子育て期間。その貴重な時間を子供と一緒に夢中になれる、そんな幸せなひと時を一緒に味わってみませんか?

▲トップに戻る

子の親として 母 というものを学んでます

メンター29
家事より育児!おかぁちゃんってオモロイなぁ♪ たけのこまるです。
2008年6月に母となり、ボォ〜っと娘の世話をしてました。育児の大切さを知り、それから猛勉強中。こんなやりがいのある役目って他にあるでしょうか??
blogへGo

















親は無くとも子は育つ!?

食べ物さえ与えておけば子供の体は育つでしょう
では、心は?才能は?

≪ 親の育て方でこんなにも子供の成長が違う ≫ということを知りました


☆*゜ ゜゜*☆*゜ ゜゜* 子供を育てるってすごくステキで大切なこと ☆*゜ ゜゜*☆*゜ ゜゜*


そんなことを素直にそう思えるのはチルドレン大学のおかげ

たくさんの人にチル大を知ってほしい

英語は“単語を少し知ってる”だけの私 娘に何がいいかな? 欲しい教材ってみんな高くないですか? うちの家計から考えると無理無理。 でも娘はベネッセやセサミのサンプルDVDが大好き。 そんなとき目に付いたのが ≪ チルドレン大学 ≫ 英語本.comが無料だったのでとりあえず半信半疑で登録。 見ると、、、育児についていいこと書いてるし、英語も習えそう。 “なんかいいかも これいいかも” でもやっぱり受講するのにはお金はかかるしまだ半信半疑。 受講者さんのブログを読みあさって “皆さん良いこと書いてるし なんか育児が楽しそう”
どうしようかと迷ってるうちに、キャンペーンに押されて締め切りギリまで悩みながらも 『エイッ!』と入学。

今ではチル大にどっぷりハマってます(笑)

▲トップに戻る

これぞ確かな学力の土台を身につける未来型教育!!

メンター8
3歩あるくと嫌なことを忘れるちょっと天然 ワーキングママ iroma です
メガネをかけてるのに、メガネはどこ?服を着てるのに、服はどこ? と探し回る、かなりのおとぼけママです。そのうち、子どもをどこかに 忘れてくるんじゃないかと家族からは恐れられていますが、 本人はいたって真面目に育児をしてるつもりです。

こんにちは。1歳になる娘のママです。 私が、チルドレン大学に出会ったのは、娘がまだ9カ月だったと思います。 日本の教育に漠然とした不安を感じ、自分の子どもの教育は他人まかせにはしたくないと思いつつも、 早期教育には興味がなく、まだまだ具体的な教育は先でいいか〜などとのんびり思っていました。 けれど、そんな自分がマミーのブログにたまたま運よく出会い、読ませていただくうちに グイグイ引き込まれ、チルドレン大学のコンテンツはきっと私の抱いていたものとは違う、 なんだか自分の知らない扉が開くようなワクワクした気持ちになりました。

実際に、受講していてこのコンテンツの視野の広さには本当に驚かされます。 ITを利用するので日本にいながら、知らない場所、出来事、 思考にリアルに旅することができ、おのずと国際的感覚を意識できるかと思います。 また、このコンテンツはとても自由度が高いので、これが絶対に正解ということでは なく、それぞれの親子の興味関心にそった学びや答えを見つけることができます。 ここが、これまでのコンテンツとはまったく違うところで、学ぶことの楽しさが 親子でわかれば、あとは雪だるま式に学びは加速していくように思います。 知らないことを知ることはとても楽しいけれど、時に自分の視野の狭さ、 思い込にハッとすることもあります。私の中で最も印象深いことは、 子どもに対しての学びを無意識に制限している自分に気づいたことです。 このことを早いうちに気づけたことに、ほんとに感謝しています。 でなければ、私は娘に対して「これはまだ無理、これはまだ早い」というかんじに、 娘の芽を知らないうちに摘み取っていたかもしれません。

さて、当の娘の関わりについて、今はエンジンを暖めているような微々たる 試みですが、マザーグースや英語の音声を一緒に聞き、チルドレン大学で 学んだこともチャンスを見つけてちょこちょこ実践中です。 今後、このような実践がどのような結果につながるのかは、 まだまだ、年月を重ねてみないと正直わかりませんが、 無理なく楽しくできているのがなによりです。

人間は無限の能力が備わっていて、それを実際に利用できているのはほんの 少しだけと聞きます。だとしたら、どんなママでも成長する可能性が たくさん残されているのかもしれませんね。チルドレン大学のコンテンツは、 それぞれのママの本来持っている能力を引き出し、最終的にママが自分の子どもの 学力の土台をしっかり作ってあげられるようになるコンテンツだと思います。 もし、お子さんの教育のことで不安に思ったり、行きづまったり、 もちろん、さらにバージョンアップしたいママにもチルドレン大学の受講を お勧めします。きっと、あなたのお子さんにあったオーダーメードな方法が 見つけられると思いますよ。何かを始めなければ、なにも起こらない (ターシャ テゥーダーの言葉)。 一緒に、子どもの明るい未来を創造していきませんか。

▲トップに戻る

『生きる力』をつけるには・・・

メンター26
アパレルメーカーの研究員?家庭科の先生??
いやいや、田舎で暮らすただの親バカ専業主婦です。
田舎でのんびりまったり専業主婦してます。農家の嫁ですが何もしてません…(食べるだけ♪)。英語が話せるようになりたくて息子と一緒に私も勉強中です。

こんにちは。 一人目の子育てで必死に毎日を送り、ふと気がつくともう6ヶ月が経ってました…。 その時、思ったのです。このままどんどん大きくなって、その時期にあった働きかけができないまま、(英語に限らず)息子の発達を上手くうながしてあげれなかったらどうしよう。たった一度のこの子の人生…。私がその時期を間違ったら、台無しになっちゃう!と。子育てに関して迷える子羊状態でした。

そんな時に出会ったのが英語本&マミ〜ことランディ由紀子さんのブログでした。 そこにはマミ〜の子育ての哲学がたくさん詰まっていて、『私がしたかったのは、こういう子育てだ〜〜〜!』と思えたのです。 息子には英語を話せるようになってもらいたいのですが、単に『話せる』だけじゃ意味がないと思うんです。話す内容が大事なのでは、と。 人は一人じゃ生きていけないし、気付けば、いつも誰かに助けられていますよね。息子には将来誰かを助けてあげられる優しい人になって欲しいと願っていました。誰かを助けるような仕事、自分のやりたいことが見つかって、それが海外での仕事だったり、英語の情報を必要とするものだったりした時に、きっと英語が役に立つなぁと思うのです。でも、その前段階で、自分のやりたいことが見えないと意味がないですよね。 そこを見つけられる子に、どうやって育てていくか、、、。 漠然と思っていた息子の子育てビジョンですが、マミ〜のブログを読んでピッタリはまったんです。

自分で考えて、自立して、誰かの役に立ちつつも、自分自身も充実して幸せに生きていけるようになってほしい。 なんだか欲張りすぎのようですが、『チルドレン大学』で学ぶ内容は、本当の『生きる力』を身につけるために大切なことがいっぱい詰まっている気がします。 そして、マミ〜の次の言葉にとても共感しました。

『社会を一枚の布に例えるとします。真ん中をつまんで持ち上げた場合、上に持ち上がるのは一部だけです。しかし、布全体を多くの人で持ち上げた場合、社会という布全体が始めて向上していきます。』

子育て中の専業主婦の私ですが、チルドレン大学の受講を始めて、以前よりも外に向けて積極的になってきました。具体的にはママと赤ちゃんのための英語活動の集まりを始めたり、在日外国人のための日本語支援のボランティアへの参加を決意して講習会に申し込んじゃったり。

きっかけは英語で『チルドレン大学』を始めましたが、英語以外でも色んな気づきや学びがあって”母親が意識改革できる”今までにない教材だと思います。
『チルドレン大学』で学んで、一緒に楽しく子育て&社会貢献しちゃいませんか?

▲トップに戻る

本能が求めてますよ!



メンター32
子供嫌いから一転、地球の平和を守るため!?育児(育自)に励む元関空国際線ラウンジ勤務 rosy mam です。
仕事を離れ、ついでに英語からも離れた生活から一転、育児をきっかけに再び英語を学びなおせるとは 思っていませんでした。子供を持つことで、もう自分のしたい事はしばらくできないとあきらめてる人って多いですよね。 が、しかし、チル大を少しでものぞいてしまったあなた!自分の本当にしたい事が見つかるかも。 近所にはない出会いがチル大にはゴロゴロしています。先輩チルママたちと一緒にチル大楽しみましょう。

2007年4月に助産院でHAPPYな出産を経験し、育児(育自)に目覚め、人生がよい 方向に転がり始めました。 子育てにも少しなれてきたころ例にもれず巷の情報に焦りを感じるようになりました。

英語を含め幼児教育にはすごく興味があり、ほかのママさんはどうしているんだろうと ググっているうちに、チル大を受講しているママのブログにたどり着き、時々拝見して いました。 3歳手前の娘の耳がcloseしないうちに英語教育を始めなければと焦る中、 まず始めたのが、マザーグースのかけ流し、次にCTP100冊絵本、そして、セサミスト リート。 七田チャイルドにも、産まれて半年から通っていました。

ただ、いつもこれでいいのか?と、不安がありました。 お金はなるべくかけたくないし(もうしっかり使ってますが・・・)でも、時期を逃し たくないし。 どんと構えて子育てしてるつもりが、思いっきり振り回されている自分に疲れているころ 久しぶりにチル大ママのブログを見ることがありました。

以前は何も思わなかったのに、チル大の事がとても気になる! なんだか、今だ!これだ!って気がして、受講を決めました。根拠のない直感です。

決め手は、「英語本.com」の無料コンテンツ。 今まで読んできた自己啓発本に書いてある事が、惜しげもなく無料で公開されています。 これだけでも充分なのですが、結局、もっと学びたくなってしまいました。

今、これを読んで受講を考えているママたち(パパも)もまた、学ぶことが好きなのでは? 子供を見てて思いますが、学ぶことは、本能的な欲求なのではないでしょうか。 それが満たされる幸せは、大人も子供も同じような気がします。 押しつけの学びでなく、それが自主的な気付きにつながり ストレスなく、大人も子供も学ぶことに満足し止められなくなっていく! 恐るべきチル大

英語はもちろん、学ぶことを学べる一生ものの講座ですよ。

▲トップに戻る

教材を使いこなせる知恵を学ぶもの

メンター11
元医薬品業務 現在、親バカ街道まっしぐら まなりんです
お片づけ好きなのんびり主婦です。散らかし大魔王の息子と日々、奮闘中。 あなたのモヤモヤもスッキリと片づけます。 何でもお気軽に聞いてくださいね。
blogへGo

現在、4歳になる息子は、生まれたときから敏感な性質でとても育てづらい子でした。 とにかくなんとかしたくて子育て・教育に関するありとあらゆる本を読み、 ネットで情報を集め、気がつけば教材やノウハウ本は大量にあるけれど実践できずに 山積みになったまま。世の中にはたくさん良い教材やすばらしいメソッドがあるけれど、 それを家庭で実践するとき、教師役をかねる母親がわが子の性質や要求に合わせて アレンジしていく必要があるのでは、と感じます。でも、それをどうやったらいいのか わからない。  『教材を使いこなせる知恵を学ぶもの』 一番最初に目に飛び込んできた チルドレン大学の見出しの言葉が入学の決め手となりました。 この状況を変えられるかもしれない、そんな想いでの受講スタート。

チルドレン大学に入学するとVol.17までは1日おきにメールが届きます。 Vol.18からは毎日に変わりますがメールの内容は長くても10分あれば読めてしまうものですし、 メールが届いたその日に取りくむ必要もありません。1つのメールの内容に何日もかけて 消化してもいいのです。忙しくて取りくみの時間がとれないのでは?  根気がないので続かないのでは? そんな不安がありましたが学習のペースは 自分できめられるので、無理なく続けることが出来ました。 実践編に入ると、 ワークにヒント(本日の学び)がついてきます。このヒントの内容が絶妙なのです! 日常生活の中で出来るちょっとしたことなのですが、まず普通は思いつかないようなこと ばかり。この学びが楽しくて『今日はどんな内容のメールかしら?』とワクワクしながら パソコンを開いています。チルドレン大学のワークを実践していくことで与えられたもの をこなすのではなく、自分で考え、工夫し、アレンジしていく力がついてきたように思います。

そして子供に知識をつめこむのではなく、もともと持っている能力を自然に引き出し伸ばして いく、それも身の回りのもの全てが学びとなるワークのおかげで、毎日、目にするなにげない ものまでもが 大切な宝物に変化していくのです。 こんなに母親が、子供と一緒になって 楽しめる教育法が他にあるのかしら?と思います。息子も、私がしっかりと大地をふみしめる ようになれたせいか、おちつきと自信がついてきたように思います。また、物事を深く 掘り下げる探究心や興味の対象がひろがり、積極性が出てきました。1歳半のときから、 お世話になっている七田の教室の先生も「ずいぶん変わられましたねぇ。 しっかりしてきたし集中力もすごいわ」と驚いておられます。

チルドレン大学は母親が愛情をこめて、子供を真っ直ぐに見つめ 能力と可能性を信じてともに 成長していける、そんな教育プログラムだと思います。

▲トップに戻る

家事下手で時間に追われる専業主婦で〜す/(^o^;)英語が苦手でも楽しく学んでます(*^-^*)/

メンター6
家事下手で時間に追われる専業主婦で〜す/(^o^;)
英語が苦手でも楽しく学んでます(*^-^*)/
英語が大の苦手。ついでに、家事も苦手の専業主婦です。。
でも子育ては、右往左往しながらも楽しい♪子供と一緒に、英語も家事も学んでるところです。 早期教育がきっかけで知った、マミ〜・英語本・チル大。お陰で、だんだん英語や苦手分野が好きになりつつあります。
子育ても、より面白くなってきました。何でだろ?色々と質問して、頭の中を探って下さい。

====================================================
 専業主婦ですが、チルドレン大学受講前は、
 うまく時間が作れませんでした (-_-;)
====================================================

2歳半の息子がいますが、最近、子どもの昼寝が大変動して、 時間が調節できませんでした。。

現在、チルドレン大学に使っている時間は、 最低15分ほどでメールを読んで、その日にやることを準備しています。 あとは、子供と遊ぶ時間にやっていくだけ。 習い事に一緒について行く時間を考えると、大した時間じゃありません。

それからチルドレン大学のコミュニティで、 家事・育児の時間の質問をしてみました。 いろんな方が集まっているので、良い情報を教えてもらえて、 そのお陰で少しずつ生活も改善してきています♪

何でも教材になってしまうので、やろうと思えば、 いつでもどこでも子どもと楽しめるようになってきました。

でも、風邪をひいたり、イベントが入って、 どうしても時間が取れないときもあります。 体調が悪いと、やる気がうせてしまうときもあります。

そこでありがたいのが、メールで配信している所。 好きな時に好きな所から始められるし、何度も見直せます。 やる気がうせたときは、チルドレン大学のコミュニティで、 他の方に相談してみたり、取り組みを見て、やる気を出しています。

====================================================
 英語に自信のない母でした /(^-^;)
====================================================

私は英語にまったく自信がありません。 昔から大の苦手の英語。 ヒアリング、スピーキング、語彙力は、小学生程度かも。。

チルドレン大学が始まる前は、 音声付の英語絵本を読んだり、ビデオやDVDを見せたり、CDを聞かせていました。 海外旅行の前に、少しだけインターネットで外国人と英会話練習したこともあります。 子どもの英会話教室や、サークルの見学もしたことがありました。

それらに比べて、この教材がよいなぁと思うのは、 毎日英語で話しかけるところ。 私が自信を持って英語で話しかけているところ。

初めは1日でこなす文が短いので、やる気も出るし、やりこなせる。 3種類のネイティブの音声+映像があるので、だんだん聞き取れるようになり、 何度も聞きなおせるので、練習もしやすいです。

ですが・・・ここだけの話、英語の練習・語彙調べ等が、億劫になることがあります。。

そんな時にあえてチャレンジすると・・・初めに色々と調べる練習をしているので、 以前より、さっと調査出来る自分にびっくりしてます。 Mixiのコミュニティで英語が堪能な方などに相談できるので、 大変助かっています。 後半、文章が長くなると、単語の音声や意味が付いていて、嬉しい限りです♪

====================================================
 他の育児教材と違う点
====================================================

目先の結果ではなく、大きな展望をもつことができました。 それに、子どもが変わるのではなく、私自身が変わって、 子育てが楽しくなりました。 それに伴って、子どもも変わってきたように思います。

何でも細々と指図されるのではなく、 だんだん自分で応用できるようになるのが、 すごいと思いました。

====================================================
本当に、教材を使いこなせるようになりそうです。
====================================================

この教材の面白いところは、身の回りの何でもが教材になってしまう所。 今まで見ていたけれど、知らなかったことが沢山ある事に驚きました。

初めは丁寧に考え方・調べ方を教えてくれます。 そしてだんだん、自分で出来るように仕向けてくれています。

おかげで様々なことを調べる方法と、 色んなものをキャッチするアンテナが増えてきました。

問題は・・・どれだけやるか。 やれるだけやると、それだけ成果が広がります。 そのやる気自体も、子どもに教えているような気がします。

この「やる気」は、子育てに関連している話で「うんうん」とうなずいたり、 面白い映像などで楽しんでいると、むくむくと「やる気」湧いてきます。 コミュニティで子育て仲間のお勧め情報や、 体験談も、やる気の元になってます♪

▲トップに戻る